草刈り後のアフターケアが大切~防犯対策を効果的に行なう方法~

草

庭の雑草を除去したり不要な庭木を伐採したりすることで、防犯対策をすることはできます。さらに、アフターケアをしっかりと行なうことによって雑草が生えにくい環境を作ることができます。ここではその方法をご紹介します。

雑草を生えにくくするには

防草シートを使用する
草刈りを行なった後に防草シートを敷くことで、太陽の光を遮断し雑草の生長を妨げることができます。また、飛んできた種が発芽することもありません。水もきちんと浸透するので、水たまりになることもないです。
砂利を敷き詰める
砂利も防草シートと同じく、太陽の光を遮る役割をします。それ以外にも、砂利は上を歩くと音がするので防犯対策にもなります。直接敷いても問題ないですが、防草シートを敷いた後に砂利を撒いたほうが、雨で沈むこともありません。
固まる土を使う
「固まる土」は水をかけることで固まるコーティング材のことです。雑草が根を張るのを防げます。土の階段を作ることもできますし、手の込んだ施工に向いています。ひび割れが入っても簡単に補修できるので早期復旧が可能です。

今挙げたこの3つ以外にも、雑草対策は数多く存在します。それぞれ費用もメリットも効果も異なります。シーンや場所を考えて、家の美観性を損ねない最適な雑草対策を選ぶと良いでしょう。

除草剤について


除草剤を撒きたいけど安全かわからないので不安
家庭菜園をしている方やガーデニングをしている方にとって除草剤の影響は気になる所ですよね。その場合は、除草剤を使用しない方法で作業を行なったり、周囲への被害を考慮して安全な除草剤を選んだりします。

除草剤を使用する場合は業者に任せたほうが安全で確実です。作物を育てていて除草剤の影響が心配だという人は、業者に相談してみると良いでしょう。

TOPボタン